吉原の花魁ソープランド

江戸時代の華やかな象徴「花魁」

この項では、「吉原/花魁/ソープランド」という3つのキーワードから連想する言葉について触れてみたいと思います。

まず個人的な発想から言えば、「吉原の花魁=江戸時代の遊女(ソープランド)」のイメージがあります。

それも、かなり位の高い人のイメージが…。

それと、花魁は今でいうソープランドの原型になると…。

また、「吉原/花魁/ソープランド」を多くの人に結びつけた映画として「吉原炎上」があります。

このように、吉原の花魁は江戸時代の華やかなイメージがあります。

花魁の歴史

では実際に、花魁という言葉はどのようにして派生してきたのでしょうか。

花魁の歴史をたどってみると、言葉自体は18世紀中半以降から使われるようになっています。

その歴史から紐説くと、もともと花魁は江戸時代の遊女屋で働く女郎だったようです(女郎=今でいうソープランドで働く嬢)。

その女郎の見習いとして付いていた少女が、女郎のことを「おいらんちの姉さん」と呼ぶようになって、それが花魁と言われるようになったといいます。

しかし、花魁になるにはただ美しいだけではダメでした。

「花魁=高級遊女」なので、15歳くらいまでに「舞踊/和歌/お茶/お花/琴/三味線」といった芸事をすべてマスターしなければいけませんでした。

つまり美貌と教養を持ち合わせた一握りの女郎(遊女)だけが、花魁になることができたのです。

ちなみに当時の花魁世界でもっとも流行っていたのが吉原であり、今でも「吉原=高級ソープランド」といったイメージがあります。

花魁の容姿

また花魁で私たちに強烈なイメージを残したものとして、その容姿が挙げられます。

例えば映画を見ればわかりますが、「花魁=派手な髪型と衣装」が鮮明に蘇ってきます。

しかし何故、花魁はこうした派手な容姿をするようになったのでしょうか。

というのも花魁は女の世界の中で競争し続けているため、自然と見栄を張るようになったのです。

しかも花魁は他の遊女より際立った存在でなければならず、常に美しく見せなければいけませんでした。

事実、花魁の髪型や容姿は当時の最先端ファッションリーダーだったようです。

口コミ・評判ランキグ

クラブ 貴公子

→ 店舗情報・クチコミ

特別室

→ 店舗情報・クチコミ

ドンファン

→ 店舗情報・クチコミ

夕月

→ 店舗情報・クチコミ

プレジデントクラブ

→ 店舗情報・クチコミ

女の子ランキグ

こころ

  • 店舗名秘書室
  • 指名料
  • 年齢21歳
  • スタイルT155.B88(F).57.87

みるく

あかり

  • 店舗名吉原特別室
  • 指名料
  • 年齢21歳
  • スタイルT157 ・ 85 (D) ・ 57 ・ 84

ゆうか

ちなみ

あさの来夢

ピックアップ

特別室

おすすめ店舗

ドンファン

ドンファン

コスチュームソープの王道

CLUB 華

CLUB 華

最高のキャスト達がとっておきの思いを...

秘書室

秘書室

貴方だけの秘書が必ず見つかります。

プレジデントクラブ

プレジデントクラブ

百花繚乱。吉原美熟女・人妻ソープ

ミスターダンディーパートⅡ

ミスターダンディーパートⅡ

吉原でコスプレソープと言えばココ!

ローテンブルク

ローテンブルク

綺麗な人妻・熟女専門高級ソープ

夕月

夕月

正統派最高級店を知らずにソープは語れない!

ルーブル

ルーブル

吉原三ツ星の最高級店。一度は訪れるべきお店!

初めての方へ

ページトップへ